腸内細菌にとっての昆布のヌルヌル成分

腸内細菌の立場で考える食物繊維 ⑧

水溶性食物繊維に分類されている昆布などに含まれるヌルヌル成分(アルギン酸、フコイダン)は、ヒトの腸内細菌がほとんど食べることができないので、リラ子分類では不溶性食物繊維に含めています。菌にとってはセルロースなどの不溶性食物繊維と同じですが、水に溶けているので、ウンチの形にはならずに、ゆるくなります。

緩くなるので、便秘の人は昆布を特に食べたほうがいいのですが、一つ注意点があります。ヒトの体で消化されないし、菌のエサにもならないので、よく噛まないと、かえってつまることになるのです。ですので、よく噛むか、早食いの方は、粉タイプがおすすめです。

先日小樽の「7日食べたら鏡をごらん」など数々の怪しい(^_^;)キャッチフレーズを生み出した「利尻屋みのや」簑谷社長さんにお会いしました。

みのや1

ご自分で、ほら吹きとおっしゃっていますが、「日本中の女性をもっときれいにしたい!」と、50代で、昆布を販売する会社を立ち上げ、ダシをとるだけの昆布を、健康食品にした、偉大な方です\(^o^)/ 本もあります

本7日食べたら鏡をごらん 川島康男著

 「アラジンの秘密」と「150歳若返るフリカケ」を購入したのですが、おいしいし、リラ子はつい早食いになってしまうので、ゲップやおならが出やすいのですが、げっぷもでないし、ウンチは少しゆるくなりましたよ~

アラジンアラジンの秘密は、昔は捨てていたがごめ昆布を商品化したもので、その中に含まれているフコイダンは、超ぬるぬる~だから便秘でウンチが硬い人には腸おすすめです(^^)/ 便秘改善以外にも他にもいろいろ効果もあるそうです。血圧、血糖値、血中コレステロール低下などなど詳しく構造等が書いてあります。 西澤ら、日本食物繊維学会誌, 8, 1-12 (2004)

hurikake

フリカケもおいしいです。残念ながら150歳は若返りませんでした(*^_^*)

yutouhuこの時に、湯豆腐の鍋に入っている昆布をたくさんいただきましたが、柔らかくておいしい~昆布好きなので、もりもりいただきました。

湯豆腐昆布昆布は、菌のエサにはならないけれど、ならないからこそいい働きやミネラルが豊富に含まれていて、海からの贈り物です。是非毎日の食生活に入れてくださいね(^^)/

そして小樽に観光にこられたら、是非みのやさんで、昆布茶をいただいて、味見もしていただいて、お気に入りをみつけていただきたいです~ もしかしたら簑谷社長さんがいらっしゃるかもしれませんね。社長さんの「ほら」も楽しいので、是非お声をかけてみてください(^^)/(ホラと嘘の違い:ホラには夢があり、自分を元気つけるもの、嘘は相手を貶めるものだそうです)

 akakuroおいしくてはまっている友人が多い赤と黒のブルース 利尻屋みのやさんのネットショップ
https://store.shopping.yahoo.co.jp/rishiriyaminoya/

店舗は、小樽に観光に来られた方なら必ず行く堺町通りにあります。

Follow me!

ライラック乳酸菌スタンダード(カプセル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です