「腸内フローラのバランスの乱れ」が「慢性炎症の元」で「万病の元」④

さて、いよいよ本題にはいります。(1年もアップしてませんでした・・・)

まだ仮説の部分もあり、脅すわけでないですが、
最近の総説に書いてあったことを、簡単に書いていきますね~

まずは、、、
パーキンソン病は
腸内から始まるかも!という話です。

祖母がパーキンソン病の疑いで入院して、
昔だからベッドに縛られていて、
お見舞いも辛かったのを覚えています。

なんと腸内フローラと関係があるなんて・・

ざっくり書くと・・・

食生活が乱れて、腸内フローラのバランスが乱れると

腸内に原因物資ができて、

それが迷走神経(腸と脳をつなぐ神経)で運ばれて脳にいってたまる*1

さらに、腸内フローラが乱れているので、腸の細胞同士がスカスカになり
腸内にできたものが血液中にでていって、全身が炎症を起こし
普通は脳に入らない物質まで脳にはいる

脳の免疫のバランスが崩れるので
脳神経が炎症を起こして、
神経細胞が死んで

運動障害が発生する

便秘の人やIBDの人がなりやすいと書いてありました。*2
祖母も便秘だったのかな?
便秘でない女子は珍しいですしね。。。

あと、
パーキンソン病の患者さんで、水素をつくる腸内細菌(クロストリジウム属)が減っているという報告もありました。*3

今はやりの水素ですが、飲んでも効果はないですからね~
(水素は水に溶けないし~)

ちゃんと腸まで届くデンプンや食物繊維を食べて、
腸内細菌につくらせてくださいね。

臭くないオナラは水素なので、水素が腸でできている証拠ですね!

----

もう少し詳しく知りたい方向けに図も貼りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

図の下のほうから始まります。
番号順です。
腸と脳は2通りの方法で繋がっています。
一つは迷走神経(②と③)
もう一つは血管です。(④、⑤、⑥)
ということで、
腸内にできた悪い物質(または腸から漏れた物質)は
2通りの方法で脳まで行く可能性があります。

①食生活が乱れて腸内フローラのバランスが乱れると
②腸内に「αシヌクレイン」というたんぱく質ができる。
③迷走神経を介して「αシヌクレイン」が脳までいく

④腸内フローラが乱れているので腸の細胞同士がスカスカになり
 腸内にできたもの(やLPS(グラム陰性菌の破片)など)が血液中にでていく。
⑤それらのせいで、全身が炎症を起こす(慢性炎症)
⑥血液脳関門もスカスカになって、普通は脳に入らない物質まで脳にはいる

⑦脳内に「αシヌクレイン」がたまる+血液から免疫のバランスを壊す物質が入るので
 脳内の免疫のバランスが乱れ、
 神経が炎症して、神経細胞が死んでしまい、運動障害が発生する

*1迷走神経を介して、αシヌクレインが脳まで運ばれるというところ、不思議なので補足:
パーキンソン病の患者さんからとったαシヌクレインをマウスの腸壁にいれたところ
12時間後にはラットの腸壁にあり
2日後にはラットの迷走神経の中にあって
6日後にはラットの脳幹の中にあったので・・・
αシヌクレインは迷走神経を通じて
脳の中に移動することがわかったそうです。
げー!
(Holmqvist et al., 2014)

*2便秘の人のほうが、3-11倍パーキンソン病になりやすい
(Lin et al., 2014)
IBDの人のほうがなりやすい。
(Villumsen et al., 2018)

*3パーキンソン病の起因となる腸管α-synuclein異常蓄積に対する腸内細菌叢の関与の解明
https://research-er.jp/projects/view/960293
まだ研究途中です。

*健康マウスの腸内細菌が作ったものは、脳にいい影響を与え、
パーキンソン病モデルのマウスの腸内細菌が作ったものは、脳に悪い影響を与えるそうです。

この成分の違いを知りたいですね!

まだ続きます

Follow me!

コメントを残すにはログインしてください。