乳酸菌を食べて初めは調子がいいけどイマイチになるのはなぜ?

最近リラ子は美しい老後を目指して

生活を立て直しています。

 

で、なんとこの歳で

お料理教室に行き始めました\(^o^)/

イタリア料理教室クチナイト

松田真枝先生

https://mcucinaitaliana.jimdo.com/

 

今月のお料理はこちらです

HPより

★なすのポルペットーネ

カラーブリア州の伝統料理を軽やかな前菜に仕立てます。北海道のあの素材が縁の下の力持ちに

★ズッキーニのファルファッレ

今年のズッキーニのパスタはラブリーです。

★シチリアが詰まったミートローフ

暑いから、混ぜてオーブントースターに入れるだけな料理をセコンドにしました

 

 

かわいい〜美味しい〜!

パスタソースはズッキーニですよ〜

右はナスのコロッケみたいなものです。

これもおいしいのです。

左のお肉のアップ写真!

 

合挽き肉とナスとトマトなどなどで

ボリュームがあっても

くどくなくてぺろっと食べてしまいました。

お持ち帰りしようと思ったのですけど( ´ ▽ ` )

 

とても楽しいので

ご興味のある方は、HPご覧くださいね!

 

で、やっと本題です(^^)

先生のお母様のエリザベス様が

何十年も詰まり気味でお悩みということで

ライラちゃんを購入してくださいました。

 

で、初めは面白いほどスッキリしたのに

最近はイマイチなのですが

どうしてでしょう?と

先生に聞かれました。

 

これは、ライラちゃんでなくても

他の乳酸菌やオリゴ糖でもよくあることです。

 

どうしてかというと、、、

起爆剤(ライラやオリゴ糖など)を食べて

自分のいい腸内細菌が増えて

豊かな腸内フローラになったので

今までの食生活では

その子達の餌が足りなくて

お腹が減った菌たちが

せっかく作った酸を食べてしまうので

ウンチがふっくらするほうにまわらないからです!

 

なので、先生に

「増えたいい菌たちの餌が足りないから

もう少し菌の餌になるようなもの、

お米やお芋を食べてください」とお伝えしたところ

すぐに理解されて

エリザベス様に

「ライラちゃんや菌たちの餌を食べよう」といって

お米や甘酒をとったところ

またいいウンチに戻ったそうです。

 

で、今では少し食欲がないときでも

エリザベス様は

「ライラちゃんのご飯食べなきゃ」ということで

積極的に、甘酒やごはんを食べて

いいウンチを作って

気持ちいい〜状態だそうです( ´ ▽ ` )

 

菌たちの餌を食べて

お腹で菌を培養してくださって嬉しい〜

菌たちも喜んでいます(^^)

 

エリザベス様も腸内細菌たちと一緒に

どうぞ健康で長生きされてくださいね!

 

リラ子も華麗に加齢できるように

素敵なお料理を作れるようにします(^^)

 

途中で見かけたアジサイ(北海道では真夏に咲きます)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です