強いストレスで胃が痛くなり、くさいオナラがたくさん出ます。

オナラのご質問が非常に多いですね。
悩んでいる方は外出もままならないので、本当に深刻です。

腸が過敏になってストレスを感じやすくなることがあります。それが過敏性腸症候群(IBS)です。腸に酸がたまって、オナラが大量に発生します。でも多くの人は自分がIBSぎみであることに気づいていません。

この時のオナラは特有の臭いがするはずです。これはたまった酸の臭いで、善玉菌がつくるものです。善玉菌が酸をつくるときに、一緒にガスをつくってしまい、それに酸の臭いがついています(ガス自体は無臭です)。

ストレスでお腹を下すのは、動物としてごく自然の現象です。ましてや腸が過敏になっている状態ですので、ご自分の性格や体質のせいだと自分を責める必要はありません。ストレスが原因ではなく過敏になっていることが原因なのです。

過敏になった腸の健康を取り戻すには、2つのステップが必要です。最初のステップは過敏になっている原因の食物を探すことです。できればIgG食物過敏症の検査を受けてみることをお勧めします(→アンブロシア、ちなみに当社の社長は96品目中76品目に過敏症がありました)。

検査は受けずにご自分で調べることもできますが、過敏症は原因の食物を食べてから時間がたって症状が出ますので、調べるのにコツがいります。詳しいことはリラ子のブログ(→こちら)を参考にしてください。

あやしい食物をやめてみてオナラが出るかどうか観察します。原因がわかったら3週間くらいやめてみて、様子を見ながら戻してみてください。原因がたくさんある場合は順番に行います。

また、食事を規則正しく、空腹の時間を設けて、就寝前2~3時間くらいは何も食べないようにするとか、朝食は必ず摂るようにするなど、基本的なことも実行してみてください。

次は腸を元気を維持するステップです。ライラック乳酸菌スタンダード(カプセル)は、腸内フローラを整えることで、腸の中にたまった酸が少なくなり、過敏さが取れて腸の元気を維持します。二つのステップは同時に進めてかまいません。

前述のように、ガスは善玉菌がつくりますので、ガスの発生を嫌がって食べないでいると、腸がさらに弱って悪循環になってしまいます。

少し時間はかかりますが、腸内フローラを整えて、ガスの発生をできるだけ少なくしながら、腸を元気にするように頑張ってみてください。酸の臭いは腸が吸収しますので、臭わなくなります。