食後数時間たつとガスが発生するのですがなぜですか。

食べたものが胃を通過する時間は、野菜などで1時間くらい、ご飯などの炭水化物で2~4時間くらいといわれています。ガスが発生する理由は食べたものと腸内細菌が出会うからですが、どこで出会うかが問題です。

食べ物は胃→十二指腸→小腸→大腸と進みます。腸内細菌は通常は大腸が待ち構えていますが、小腸にも少しだけ侵入しています。

ガスが発生する原因は、炭水化物と腸内細菌の出会いです。炭水化物は小腸で糖に分解されて吸収されますが、消化できない炭水化物が大腸に流れ込んで腸内細菌の発酵を受けます。この時ガスが出るのですが、腸内環境が正常ならばこのガスは少量ですので問題ありません。

ところが腸内細菌があまりいないはずの小腸にたくさんいる場合があります。そうするとヒトが消化吸収する前に炭水化物が腸内細菌に出会ってしまうので急激にガスを発生します。

小腸に異常に腸内細菌が上がってしまう状態を、「小腸細菌異常増殖(SIBO シーボまたはサイボ)」といいます。

もし食べたものが小腸に到達するころにガスが発生するなら、SIBOの可能性があります。また食べてすぐにおなかの中でガスが発生するように感じる方は、それはもともとあったガスが移動するためにそう感じるのかもしれません。

いずれにしてもガスが発生して困るという方は、小腸に腸内細菌が上がっている可能性があります。SIBOは病気ではなく、食習慣の乱れによって起こるものです。

動物の消化管は空腹時に自動的にクリーニングをします。お腹がへると「グー」とお腹が鳴ることがありますね。これがこのクリーニングです。

ところがお腹がすいたらすぐ何かを食べたり、夜寝る前に夜食を食べたりすると、このクリーニングが行われずに、大腸の腸内細菌が小腸に上がってきます。

オナラが出るのが嫌で難消化性の糖質を敬遠する人がいますが、これは腸内環境を悪化させる原因になって、結果的にオナラにも悪影響を与えますので、あまりお勧めではありません。

人間も動物です。進化の歴史の中でいつも満腹の動物はありませんでした。人間もごく最近になって好きな時に食べられるようになったのです。

すきっ腹も慣れると楽しいものです。生活の中に取り入れることでガスの発生も少なくなるはずです。