オナラの原因はのんだ空気というのは本当ですか?

奥歯を噛みしめたり、つばを飲み込む癖のある人は、一緒に空気を飲み込みやすいようです。

また、腸内ガスの成分を調べると一番多いのが窒素だったというから、オナラの主体は「呑気(どんき)」であるというのが、通説になっています。

しかし実際にオナラで困っている人は、「呑気」で困っているのではなく、お腹の中でむくむくとガスが発生するとか、たまって苦しいとかということで困っています。

オナラの原因は「呑気」かということですが、その前にこのむくむくと発生するガスの正体を考えましょう。

腸内細菌が炭水化物を分解するときに水素ガスと炭酸ガスを発生します。人によってはメタンガスも出ます。腸のなかでむくむくと発生するガスはこれが原因です。

口からのむ空気も多少あるかもしれませんが、胃や小腸を通って、大腸まで到達するまでに関門がいくつもあり、それを通って空気が肛門まで出るというのはちょっと考えずらいです。

それよりも腸内で発生した水素や二酸化炭素が血中の窒素とガス交換して腸内に窒素がたまると考えた方がよいでしょう。

血中に溶けた水素は肺に行って呼気に交じって排出されます。呼気中の水素を調べると、炭水化物が腸内で発酵を受けている様子がわかります。これを呼気水素試験といいます。腸内でつくられた水素の約14%が呼気から検出されたと報告されています。

したがってオナラの成分に窒素が多いからと言って、オナラの原因は呑気だとはいえないということです。