肉食系と草食系、どっちが健康に良いのでしょうか?

草食動物

草食動物のオナラと、肉食動物のオナラは何が違う?

最近、糖質オフダイエットが流行しています。糖分やデンプン質のものを食べないで、タンパク質や脂質を中心に食事を摂ります。完全な肉食系です。それに対して伝統的な食事はご飯を中心にデンプン質をたくさん摂る食事で、どちらかというと草食系です。どちらが健康的か、いろいろと議論があります。ヒトも動物ですので、進化の歴史をさかのぼるとその答えが見えてきそうです。さてあなたはどっちだと思いますか。

肉食系のオナラは臭くなり、草食系のオナラはあまり臭くありません。出る量は草食系の方が多いかもしれません。肉を食べた次の日のオナラが臭いというのは、誰でも経験があるのではないでしょうか。

オナラの臭いは腸内細菌が関係しています。草食系と肉食系とでは活躍する腸内細菌が違ってきます。草食系では善玉菌が活躍しているのに対して、肉食系では悪玉菌が増えてしまいます。悪玉菌がつくる腐敗物質が悪臭の原因です。どちらが健康的かの話の前に、それぞれどのような経緯で発達して来たのかを考えてみましょう。肉食動物と草食動物それぞれに生存のための戦略があります。

腸の進化の中にオナラの真実が隠されている

動物のオナラは、肉食と草食ではどう違うのでしょうか。動物園に行くと、運がいいとオナラを観察できます。ゾウのオナラは「ブルル」「ボボボ」だそうです。ラクダは「ビビビ」。ライオンのオナラを聞くことは少ないですが非常に臭いそうです。ゾウやラクダなどの草食動物のオナラは量や回数は多いですがあまり臭わず、ライオンなどの肉食動物では頻度は少ないですが非常に悪臭を出します。

ヒトを含めて動物の腸は、食べているものによって機能や形が違います。特に草食動物と肉食動物では大きく違っていて、消化管の長さで比較すると、肉食動物ではネコで3~4倍、イヌで5~6倍なのに対して、草食動物ではウマで12倍、ブタでは14~15倍です1)。草食動物では消化しづらい植物を消化・吸収するために長い腸になっていると考えられます。
ヒトでは体長の7.5倍1)と肉食動物と草食動物の中間の数字です。ヒトの腸は形や働きから見て、本来は肉食であったものが進化の過程で草食も取り入れるようになったと考えられるそうです。

先に肉食動物が存在した

陸上動物の祖先である魚類は単純な一本の消化管を持っています。3.5億年前に魚類から陸上に上がったものが両生類になり、このとき大腸ができました。

そもそも大腸が出現したのは、大切な水分を徹底して吸収するためと、敵から身を守るためと言われています。排泄物を垂れ流しにしたのでは敵に狙われてしまうからです。私達がおむつをしないで生活できるのも大腸のおかげなのですね。

食性は基本的に肉食で、捉えやすいものは何でも食べていたと考えられます。体を構成するタンパク質を摂るには自分と同じタンパク質でできた動物から摂る方が簡単です。動物の消化管は、口から食道を通って胃に入り、小腸で消化吸収が行われて、大腸でウンチがつくられ、肛門から排出されます。

初期の哺乳類はモグラなどの食虫類のような肉食性の動物といわれています。植物をいったん虫に食べてタンパク質に変えてもらい、動物がそれを食べるという段階を踏まなければなりませんでした。

肉食動物に遅れて3億年前ころに草食動物が現れます。これは画期的なことでした。膨大な食料資源を直接利用できるようになったからです。

草食動物と肉食動物を比べると、草食動物の方が大型化しやすく、寿命も長くなる傾向があります。草食動物が肉食動物と違う最大の特徴は何かというと、それは消化管の中の微生物の量なのです。草食動物は消化管の中に大量の微生物を飼っていて、その微生物を使って消化しにくい食物繊維を消化し、そしてタンパク質までも摂ってしまうすごい生存戦略を持っています。

かたや肉食動物の方はどうでしょうか。ライオンやトラなどのような肉食性が強い動物では腸が短く、消化管の中の微生物の量もそれほど多くありません。

肉食動物では生死をかけて獲物を獲得しなければなりません。そのチャンスはいつ来るかわからず、かなりの時間を腹ペコで過ごすのです。腹ペコの時、脳にもエネルギーを送る特別な仕組みがあります。それがケトン体といわれるものですが、その話はまた別の機会に。

生活習慣病の予防は、草食動物を見習うべし

肉食動物はがんになりやすい傾向があります。12歳のイヌの罹患率は平均17%という数字があります2)。ヒトでは80歳で男性では3.5%、女性で1.5%程度です(日本人の場合3))。

またネコは肉食性が強いため、泌尿器疾患、特に腎不全が多いのが特徴です。これは腸内の腐敗物質が腎機能の低下を促進するためと考えられます。14歳のネコの21.7%に腎不全が見つかっています2)

生殖寿命を過ぎて長生きしているのは人間だけです。自然界では生殖寿命を超えた動物は生存上のライバルになります。生活習慣病、特にがんは重要な生き残り戦略という見方があります。生活習慣病の対策は、どう生きて死ぬかを選択することです。

(参考文献)
1) ウィキペディア
2) アイコム損保「家庭の動物白書2014」
3) がん研究振興財団,「がんの統計’12」

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です