どうして
便秘になる
のでしょうか?

Watch My Story

食べ物は口から入って、胃、小腸、大腸を通って肛門から排出されます。

消化管は一本の管のようなものです。管の中は体の中にありますが、体の組織の外です。ちくわと同じです。

大腸をまっすぐにしたらこんな感じ

実際の大腸は入口では太く、出口では細くなっています。
そのため出口の方でつまりやすくなります。

実際の腸はぜん動運動をします。

腸の内容物があると、ぜん動運動で進むときに回転が起こって、玉になります。

つまり便秘の原因は

先細りの腸は”腸の痩せ”です。大腸は入口付近で腸内細菌が酸をたくさんつくります。この図では黄色の部分です。大腸のエネルギーは腸内細菌がつくる酸なのです。
大腸の奥ではその酸が不足して腸が瘦せてしまいます。この酸が少ないとぜん動運動も弱くなります。腸の奥で酸が少なくなると、腸内細菌は腐敗物質をつくります。そのため黒くて臭いウンチになります。
この腸内細菌がつくる酸は「短鎖脂肪酸」といいます。中でも「酪酸」が最も重要で、便秘の原因のほとんどはこの酪酸の不足です。

ウンチの色はpHを表しています。腸の奥では酸がつくられずにpHが上がってしまいます。ライラック乳酸菌に付属しているカラーチャートでバナナの②番が大腸のエネルギーになる”酪酸”が最もつくられます。腸の奥で”酪酸”をつくると便秘を解消して、体質も改善してくれます。

ポイントは

腸の奥で 短鎖脂肪酸

腸の奥で「短鎖脂肪酸(酪酸)」をつくれば腸美人になれます。
ライラック乳酸菌は腸の奥まで生きて届いて、短鎖脂肪酸をつくることが確認されています(動物試験)

いますぐ始めましょう!

10日間無料体験

ボタンを押して無料体験を始めましょう。

また右下のチャットボタンからAIによる無料相談を受け付けています。専門スタッフにつないで、お悩み解決のサポートもできますのでご利用ください。

MENU