ひどいオナラを減らすにはどうしたらいいですか?

オナラはなぜできるのでしょうか?

かんたんに言うと、腸内で腸内細菌が分解できる糖質に出会うとガスを発生します。

お腹の中でできたガスは通常なら腸の壁から吸収されて、呼気として外に出ますが、量が多いとオナラとして出ます。1日に20回程度は普通だということです。

ところがガスがたくさんできるとお腹がゴロゴロして気持ちが悪く、ひどい人になると、ところかまわず漏れたりすることがあります。学校や会社で必死に我慢したり、トイレにひんぱんに通う人が増えています。

早食いの人は食べ物と一緒に空気を飲み込みやすく、オナラの原因になるといわれることが多いですが、呑気(空気をのむこと)がオナラの原因というのはどうも俗説のようです。

オナラが異常に発生する原因は食事です。牛乳やヨーグルトなどの乳製品(乳糖を含む食品)や、果物やジュースなどの果糖を多く含むもの、豆類、イモ類などの食物繊維を多く含むものなどはとりすぎるとオナラの処理に困ることになります。

また、食べ方も重要です。間食をやめ、寝る前の数時間は食事をしない、またお腹がすいてから食べる習慣をつけることでオナラがへってきます。

常にお腹がゆるくてガスが大量に発生する人は、お腹に酸がたまり過ぎていることが原因です。こうなると長期間この状態が続き、何十年も悩み続ける場合があります。特に過去に腸炎を経験していたり、過激なダイエットをしていることが影響している場合があります。このようなケースは腸内細菌を正常化することでオナラの発生を抑えることができます。

必要なことは腸の健康を保つ食事内容と、食べ方です。腸内細菌は炭水化物をエサにして、乳酸や体に良い短鎖脂肪酸というものをつくります。オナラが出るのがいやだからといって炭水化物をとらないと腸内細菌が悪くなって、むしろくさいオナラが出るようになってしまいます。

まず、食事のパターンを規則正しくして、米、イモ、豆などの炭水化物をきちんととることで腸の健康が維持されます。

また生きている乳酸菌サプリメントなども有効ですが、乳糖などの余分な成分が入っていると、逆にオナラがひどくなることもあります。

ライラック乳酸菌スタンダード(カプセル)は乳糖などの余分な成分を含まない大豆成分主体のサプリメントですので、腸の健康を維持して便通を改善します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Dr.リラ子が自らの体験をもとに開発したライラック乳酸菌の開発ものがたりです。医療では解決困難な腸内環境の問題が初めて明らかになります。

[download_after_email id="6143"]