ライラック乳酸菌の便通改善以外の作用を教えてください。

ライラック乳酸菌は腸内でその名の通り乳酸をつくりますが、腸内細菌を活性化して、最終的には短鎖脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸)を増やしています。

便通以外の作用の一部はこの短鎖脂肪酸によるもので、全身の健康維持に役立っています。

また腸内環境を適正なpH範囲に維持することによって、腐敗物質ができるのを抑える作用があります。便の臭いは腐敗物質の臭いで、便臭が低下することはこの腐敗物質が減っている証拠です。