歯周病の人は、認知症を発症しやすいそうですが、腸内フローラも、認知症と関係ありますか?

体の中に菌が入ると、慢性炎症の状態になり、最近の研究で慢性炎症になると認知症を発症しやすいということがわかってきました。菌が入りやすい場所は歯茎と腸です。
歯周病になると歯茎から菌が体の中に入り、腸内フローラが乱れると同様に腸の細胞と細胞の間から菌が体に入ります。
その結果、認知症になりやすくなりやすいといわれています。