食後数時間たつとお腹のガスがぼこぼこ発生します。

食べたものが胃を通過する時間は、野菜などで1時間くらい、ご飯などの炭水化物で2~4時間くらいといわれています。食後、決まった時間にガスが発生するのは食べたものが通る場所で、何かが起きているからです。

食べ物は胃の次が十二指腸、小腸(空腸、回腸)と進み、続いて大腸(結腸、直腸)に入ります。大腸では腸内細菌が待ち構えていますが、回腸にも少しだけ侵入しています。

ガスが発生する原因は、炭水化物と腸内細菌の出会いです。炭水化物は小腸で糖に分解されて吸収されますが、消化できない炭水化物のカスが大腸に流れ込んで腸内細菌の発酵を受けます。この時ガスが出るのですが、この時のガスは少量ですので問題ありません。

ところが腸内細菌があまりいないはずの小腸にたくさんいる場合があります。ヒトが消化吸収する前に、カスでない炭水化物が腸内細菌に出会ってしまうと、発酵しやすいので急激にガスを発生します。

小腸に異常に腸内細菌が上がってしまう状態を、「小腸細菌異常増殖(SIBO シーボまたはサイボ)」といいます。なぜ上がるかというと、それは食事の摂り方が悪いせいです。

動物の消化管は空腹のときに、胃から小腸にかけて規則的な強い蠕動運動(MMC)が現れます。定期的に現れて一定時間続くと消えます。別名を「空腹期収縮」といい、お腹が減った時にグーと鳴るやつです。

小腸はなぜこんなことをするかというと、胃や小腸の中にある食べたものや腸内細菌を絞り出して大腸に押しやっているのです。つまり胃と小腸の大掃除です。

動物は食事をしてから約4時間後にモチリンというホルモンが分泌されて、胃腸に強い収縮が起こります。その後90分から120分間隔でモチリンが分泌されて、収縮が起こるそうです。ところが食事を口にするとモチリンの分泌は止まり、収縮もおこらなくなります。

つまりお腹がすいたら我慢できずにすぐ何かを食べてしまうと、この大事なお掃除が行われないのです。間食をしたり、いつも甘いものを飲んでいたり、夜遅く食事をする生活をしていると、小腸に腸内細菌が上がってきてガスがぼこぼこ発生するようになります。

小腸に腸内細菌が上がっているかどうかは、「呼気水素試験」という方法で調べることができます。興味ある方は、専門のクリニックで相談してみてください。