ライラック乳酸菌とビフィズス菌の違いはどこですか?

ビフィズス菌は酸にも酸素にも弱い菌なので、特別なカプセルに包まないと大腸までは生きて届きません。届いたとしても大腸の手前側(近位大腸)で働きます。

ビフィズス菌にオリゴ糖が入っている商品もありますが、オリゴ糖も大腸の手前側に届いてビフィズス菌のエサになりますが、飲んだビフィズス菌を増やす効果は不明です。

ビフィズス菌がつくる酸は乳酸と酢酸ですが、酢酸は大腸に吸収されやすい性質があります。ビフィズス菌は大腸の手前側で働きますので、できた酢酸は大腸に吸収されてしまって大腸の奥まで届きにくく、便の色や形、臭いの変化を感じにくいという課題があります。

ライラック乳酸菌は酸や酸素に非常に強く、オカラカプセルに包まれていますので、大腸の手前側から奥まで生きて届きます。またオカラカプセルに包んだ菌のエサはライラック乳酸菌の働きを強めます。

またライラック乳酸菌は乳酸だけをつくります。乳酸は腸内での滞留時間が長く、腸内を酸性に保つ効果が長く続きます。またオカラカプセルに包んだ菌のエサは、腸内の善玉菌の働きを強めて、短鎖脂肪酸という体に良い酸をつくることが確かめられています(動物試験)。短鎖脂肪酸は腸の蠕動運動を強めたり、腸の健康を維持することに役立ちます。