突然襲ってくるお腹の不調

通勤・通学の途中や緊張した時に、突然襲ってくる「あれ」にお悩みではないですか。
「あれ」が起こるのは「気のせい」ではありません。

Watch My Story

お腹の不調と腸内フローラの関係を研究してきたDr.リラ子があなたのお悩みにお答えします。

まずご自分の体質を知りましょう。

特定の食品を食べるとオナラが出たり、軟便になったりしませんか。多いのは乳製品や卵など食べる機会の多い食品です。好きでよく食べる食品ほど過敏になりやすく、食べてから症状が出るまで少し時間がかかることもあります。
便秘と軟便を繰り返す人や頻繁にオナラが出る人はこのタイプの可能性があります。また次のストレス過敏タイプと思っている人でも実はこのタイプという人も多いです。

見る 閉じる

ストレスには短期(急性)と慢性があります。短期のストレスは誰にでもあるストレス反応で、軟便や腹部膨満になることがあります。
しかし長期間ストレスにさらされているときは次の炎症タイプと同じことが体の中で起こっています。
からだの中に炎症があると新たに加わったストレスに対して余力が残っていません。ちょっとしたストレスでお腹がゴロゴロすることがあります。

見る 閉じる

体内に炎症があると免疫細胞が炎症物質を出します。例えば歯周病があると歯肉の血管から歯周病菌が侵入して炎症を起こします。その時つくられる炎症物質が全身をめぐり、腸にも届いて腸内フローラにも影響します。腸内フローラが悪いといわゆるリーキーガット(スカスカ腸)になって炎症がおきます。
内臓脂肪型肥満でも肥大した脂肪細胞から炎症物質が放出されます。
このような慢性炎症が強い人はちょっとしたきっかけで軟便になったりオナラが異常に発生したりすることがあります。

見る 閉じる

ポイントは体質を改善すること!

  • 食物過敏タイプの人は犯人を見つけること

  • ストレス過敏タイプの人は腸内フローラの改善を

  • 炎症タイプの人は歯と肥満と腸に注意

お腹のことなのに、なんでと思っていませんか?

お腹の不調は全身の炎症(慢性炎症)と関係しています。その炎症を起こす原因はいろいろあります。
アテリオ・バイオではお客様との個別相談でその原因を追究し、問題を解決することを目指しています。

さあ、問題解決の旅に出ましょう!

お腹の不調の原因は、お腹だけにあるのではないことがわかったのは最近のことです。
そのもつれた糸をときほぐしてご一緒に問題を解決しましょう。

いますぐ始めましょう!

10日間無料体験

ボタンを押して無料体験を始めましょう。

また右下のチャットボタンからAIによる無料相談を受け付けています。専門スタッフにつないで、お悩み解決のサポートもできますのでご利用ください。

MENU