ライラック乳酸菌が便通を改善するのはなぜですか?

ライラック乳酸菌スタンダード(カプセル)は機能性表示食品として、消費者庁に届出が受理されており、作用の科学的根拠などは消費者庁のHPにアップされています(ここ)。

ライラック乳酸菌は便秘傾向の方の便の状態を整えます。便の状態とは便の色、臭い、量、形のことです。そして便通(便の回数や残便感)を改善します。

便通というのは、大腸の健康が維持されてこそ整うものです。大腸の機能が落ちているのに無理やり便を出そうとすることは、むしろ健康を害します。

ライラック乳酸菌は大腸で乳酸をつくりますが、最終的には体に良い酸(短鎖脂肪酸)をつくることが動物試験で確認されています。

乳酸は便の水分を調整し、短鎖脂肪酸は大腸の健康を維持して蠕動運動を活発にします。便の状態(便性)は大腸内で乳酸や短鎖脂肪酸がつくられているかどうかの指標になります。

当社独自の便性カラーチャートで黄褐色(②番)のバナナ(形)が理想の便ですので、記録シートに記録を取りながら便性を整えることによって、健康を維持しながら便通が改善します。