腸内フローラって何?

腸内細菌の集まりをお花畑に例えて「腸内フローラ」といいます。最新の研究で腸内フローラがヒトの健康と密接に関係することがわかってきました。

これまで便通の問題はヒトの体の異常と捉えられてきましたが、実は腸内フローラが大きく関わっています。

腸内フローラを改善することで腸が元気を維持し、お通じが改善されます。これまでの悩みが見事解消して、違った人生が見えてくるかもしれませんね。

腸内フローラに善玉と悪玉がある?

よく善玉菌と悪玉菌があってという説明をしますが、善玉も悪玉もわかりやすく説明するための方便なのです。

腸内フローラとは、ヒト(宿主)が選んで腸内に住まわせている細菌ですので、悪玉と思われていた菌も何らかの役割を担っている可能性があります。

しかし悪玉菌がつくる腐敗物質が健康を害するということも事実。悪玉を抑えて善玉だけ利用することはできないのでしょうか。

善玉菌と悪玉菌の正体は?

善玉菌の代表は、乳酸菌やビフィズス菌といわれています。これらは乳酸などの酸をつくり、腸内を酸性にします。しかしそれだけでは腸内にどんどん酸が溜まって水様便になってしまいます。

腸内には様々な細菌がいて、乳酸を利用して体に良い酸(短鎖脂肪酸)につくり替えてくれる細菌がいます。短鎖脂肪酸とは酢酸、プロピオン酸、酪酸のことを指し、特に酪酸は大腸の蠕動運動のエネルギーとなったり、腸壁をつくる栄養として使われます。このような腸内細菌を乳酸利用菌といいます。

実は、従来は悪玉菌と思われていた菌も乳酸を利用して短鎖脂肪酸をつくったり、免疫作用を正常化したりする役割があることがわかってきたのです。

善悪の判断は菌種ではなく、腸内環境そのもの

それでは良くなったり悪くなったりするのはどういうときなのでしょうか。

日和見菌は腸内環境によって、善玉にも悪玉に優勢な方になびくというような説明がされることがありますが、この表現もあまり正確ではありません。

腸内細菌の活動を決める要因は、腸内環境そのものです。主に腸内の栄養状態と酸性度(pH)が腸内環境を決めます。

便秘の原因は腸内の栄養状態が悪く、酸性度(pH)が高い状態です。そのようなときに一部の腸内細菌が腐敗物質をつくり、腸内環境が悪化します。

良い腸内環境を保つ秘訣とは

良い腸内環境とは、おおむねpH5~6.5くらいです。高すぎても低すぎてもよくありません。

pHが高すぎると一部の腸内細菌がインドールやスカトール、硫化水素などの腐敗物質をつくります。特に二次胆汁酸は超悪玉物質として知られています。

pHが低すぎる場合は、乳酸やコハク酸が蓄積して慢性的にゆるい状態になります。

腸内環境を簡単に知る方法があります。それが便性(便の色、形、臭い)です。インドールなどの腐敗物質は非常に臭い物質で、人間の鼻はそのわずかな量もかぎ分けることができます。

便の色はビリルビンという色素が決めています。ビリルビンは酸性では黄色で、pHが上がるほど黄褐色から黒っぽくなっていきます。

便の形は水分を表していて、大腸に滞留している時間に依存します。滞留時間が長くなると水分や酸を失って、固くなり、腐敗しやすくなります。

結論

便通を整えるために、良い腸内環境であることが必要です。良い腸内環境とは適正な酸性度pHを保つことです。