乳酸菌は小腸にいるといわれますが、本当ですか。

普通の乳酸菌は大腸に1gあたり数百万個が生息していますが、同じくらいの数が小腸の大腸側にも生息しています。

通常、腸内細菌は大腸に入ってから急激に増えます。ビフィズス菌などは小腸では数千万個ですが、大腸に入ると一気に増えて約百億個になります。

大腸では乳酸菌よりビフィズス菌が優勢ですが、老年期に入るとビフィズス菌が減って乳酸菌が増え、ほぼ同じくらいの菌数になるそうです(光岡)。

消化管内の腸内細菌の分布(上)と年齢による変化(下) (ともに光岡,2002)

このように乳酸菌は小腸で、ビフィズス菌は大腸と決まっているわけではなく、状況によって生息する場所や菌数は変わります。その理由についてははっきりしたことはまだわかっていません。

ちなみに腸内細菌は大腸にいてこそ、いい仕事をします。どちらにいても炭水化物をエサに酸をつくりますが、ヒトの消化が終わる前に分解しやすい炭水化物と腸内細菌が出会うと、急激に発酵して酸とガスをつくってしまいます。大腸ではヒトの消化が終わったカスが流れてきますので、通常は急激な発酵は起こりません。

ライラック乳酸菌は大腸で発芽して発酵するように製法を調整してあります。しかも発芽する位置が大腸内でばらついて大腸の奥までしっかりカバーしますので、便性を改善して便通を整える作用が高いのです。