ぶくぶくと湧きでてくるおならとゲップの原因(その2)

ご飯を食べて後、どのくらいで、ゲップやオナラがでてくるか時間をみてみましたか~?

前回のをまとめると・・・
大腸では菌にエサをやって増やすのは、菌のためにも自分のためにもいいけれど

小腸では菌にエサをやると、菌が増えすぎて、ゲップやオナラの原因になる!ということです。

ポイントは、小腸の菌にエサをやらないということ

でも、まずは、

元を絶つということで、
①増えすぎた小腸の菌を抗生物質で殺してしまう~

これは病院にいって薬をもらわないとならないし、
効くといわれている抗生物質は、リファキシミンといって
日本ではまだ認可されていないようです。

それでは、病院に行かないで、ただで!
湧き出るガスをとめる方法、

それは!

②早食いをやめ、よく噛む!
一口30回以上!

え~!たったそれだけ~???

そうなんです!

よく噛めば、小腸の上の方で、
糖や割と小さな炭水化物は、自分の消化酵素で分解し吸収されます。

そうすれば、
小腸の真ん中や下の方には、菌が食べやすい糖がいかないので
小腸にいる菌たちが一気に食べ、ガスをぼこぼこ出しません。

この時、酸も作られますが、
大腸と違って、小腸の場合は腸の動きをとめてしまうので、
しばらく膨満感が続いてしまっていたのです。

でもよく噛むだけ!
たったこれだけで、劇的な変化!

ぼこぼこでません(^O^)

実は数日前、よく噛まずに大好きなキュウリを大量に食べてしまい、
ガスがでて苦しい苦しい(^^)

%e6%b5%85%e6%bc%ac%e3%81%91%e5%b0%8f

 

 

 

 

 

 

そうそう、またやってしまったと思い、
今度は少しずつゆっくり30回以上噛んだら、
1回もぼこっとゲップがでてきません。
信じられずに、何度か試しましたが、やはりでません。
長年のキュウリゲップがとまりました\(^o^)/

こんな風に、わかっていても、
この一口30回以上噛むというのが
何十年も早食いをしていると難しい(T_T)

大好きなものは、つい忘れて、早食いしてしまうし、
毎回一口いれては、数えているから、
なんだか疲れて
飽きてしまうし・・・

で、なんと!
いつもの半分くらいの量で
満腹になるんです!

満腹中枢がいかれているリラ子でさえもですよ~o(^-^)o

そうすると、ガスがでないだけでなく、
食べる量が減るので
カロリーも減り、
なんともう1.5kも痩せてきました\(^o^)/

一石二鳥\(^o^)/

きっとこの量が、人間として、中年として、女子として
まともな量だったのかもしれません。

1週間もたっていませんが
ガスもでないし、体も、気持ちまでも軽くなってきています。
さわやか~

一口30回以上は大変ですが、
モデルさんたちは100回も噛んでいるそうですよ~

それに比べれば、まだ楽ですね~(^^)

それと、一回一回お箸を箸置きに置いて
噛めば、お上品にもみえます。

女子力アップですね(^^)/

さらに噛むと脳にも刺激がいくから、ボケも防止するという話もあります!

いいことずくめですね~

ますます噛まなくちゃ!o(^▽^)o

あ、それと・・・

果物に含まれている果糖は小さいから消化吸収がいいですけれど、
とりすぎると、全部が吸収できず、小腸の下のほうにいってしまって
同じようにガスをつくってしまうようです。

果物を食べすぎるっていうことはあまりないとは思いますが

果糖は、安いので
ジュースやゼリー、いろいろな甘味成分として使われています。

だから噛まなくていいジュースや甘いお菓子の食べ過ぎもだめですよ~

なんでも食べすぎには気を付けてくださいね~

次回はもう一つ、噛むこととセットで、気を付けることを書きます。

(追記:とはいえ、相変わらず習慣の早食いをしてしまいますが(#^.^#)
またゲップが出始めたら、「最近また早食いだった」と反省して
(30回でなくても)少しよくかむように少し気を付けたら
元に戻ります。2017年1月6日)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です