リラ子の次女のドレミちゃんの話

動画の第1回にドレミちゃんの話をしたので詳しく書きます。

次女のドレミちゃんは、エクオール生成菌です。

まさか、エクオールみたいなマイナーな言葉を知っている人が増えるとは思いませんでした(^^)

テレビに初めて流れたのは、たぶん2015年のNHKスペシャル「腸内フローラ」ではないでしょうか?

エクオールは、女性ホルモンのエストロゲンよりも活性の強い物質です。

30-50%の人しかエクオールをつくることができないそうで
それはおなかにいる腸内細菌が違うからです。
つくれる腸内細菌を持っている人と、持っていない人がいるのです。

ちなみにリラ子は持っていません。
自分のウンチで自分で調べました(#^.^#)

大豆に含まれているイソフラボンの一種のダイジンっていうのが
腸内細菌によって、ダイゼインになって
さらに菌をもっている人はエクオールになります。

つくれる人のほうが、
前立腺ガンや乳がんや骨粗鬆症になりにくいっていう疫学調査結果もあります。

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab
 

 

 

 

 
DFA3というオリゴ糖を食べて腸内フローラがどう変わるかという研究が終わったころ
今から10年前ですが、

教授から
「世界中でエクオール生産菌を探しているけど、まだみつかっていない。
リラ子(そのころはりらこでないですけど(#^.^#))は、
菌取り名人だから、採れるのでは?」とおだてられて
一か月必死に実験して、とっちゃったんです~

それが次女のドレミちゃんです。

do03

 

 

 

 

 

 

 

たまたま
新属だったので、新属提案の実験もして
名前もつけました~

新属っていうのは、
たとえばヒトの学名はホモ サピエンス ですが
そのホモっていう部分(属)のグループが、
今までみつかっていない新しいグループっていうことです。

よく勝手に名前をつけている人がいるんですけど
それは正式じゃないんです。

IJSEMという雑誌に論文を投稿して
認められて、正式な名前になります。

つけた菌名は、Asaccharobacter celatus です。
(アサッカロバクター セラタス)
意味は、隠れていた糖を分解しない桿菌 っていう意味です。

ラテン語なんかわかりませんから、いろんなのをひっくりかえしてつけました。

で、とった株の名前は、do03 です。

これで、ドレミって呼ばせます(^^)

なんで1株しかとってないのに03?

それは、
ネコの長女の名前をつけたからです~\(^o^)/

iphone2013021-027

 

 

 

 

 

ネコのドレミちゃん

論文や特許をいろいろ調べて初めてと思っていたのですが
大塚製薬さんが、すでに違うエクオール生成菌をヒトからとっていて
サプリを販売されました。
すごいですね~

ドレミちゃんをとってから
ヒト(自分)からもとって、サプリをつくりたかったのですけど
残念ながら、リラ子のおなかにはエクオールをつくる菌がなかったのです~

でも、エクオールをつくれない人は
乳がんや更年期障害になるっていうわけではなく、

つくれないないなら、つくれないなりに
大豆を食べて、イソフラボンをとればいいんですよ~
女性ホルモン様活性が弱くたって、ないよりはいいんですからね~

リラ子は毎日納豆1パックしか食べていませんが
それでも、更年期障害がでていません。

三女のライラちゃんも飲んでいるので、
腸内が酸性でカルシウムの吸収がいいのか
骨密度も若い時よりも高いです!

でもご興味のある方や心配な方は、
大塚製薬さんのサプリを飲んであげてくださいね~
研究が成果になるって、嬉しいですね!(^^)

今ドレミちゃんは、北海道大学(AHU)と
理化学研究所(JCM)と
ドイツの菌株保存施設(DSM)で眠っています。

リラ子はドレミちゃんをとったあと、脱北(海道大学)したのですが、
研究を続けてくれたタイの留学生さんや先生方が、
みんなで、ドレミ、ドレミ♪っていってくれるのが
嬉しかったですね~

ネコのドレミちゃんは論文が世に出る前に、
お星さまになってしまいましたから~

以下、ドレミちゃんの論文です。

① Minamida, K., Tanaka, M., Abe, A., Sone, T., Tomita, F., Hara, H., and Asano, K.: Production of equol from daidzein by a gram-positive rod-shaped bacterium isolated from rat intestine. J. Biosci. Bioeng., 102, 247-250 (2006).
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1389172306706612

② Minamida, K., Ota, K., Nishimuki, M.,Tanaka, M., Abe, A., Sone, T., Tomita, F., Hara, H., and Asano, K.: Asaccharobacter celatus gen. nov., sp. nov., isolated from rat caecum. Int. J. Syst. Evol. Microbiol., 58, 1238-1240 (2008).
http://ijs.microbiologyresearch.org/content/journal/ijsem/10.1099/ijs.0.64894-0

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です